イクオスは3ヶ月以内に78%が効果を実感した育毛剤です

インターネット通販で人気がある育毛剤としてイクオスが挙げられます。

なぜ、イクオスが数ある育毛剤の中でも人気があるのでしょうか?

それは使用者の実感効果が高いことが大きな理由となっています。

イクオス

育毛剤の効果実験を実施

千葉頭皮環境研究会調査データがイクオスの効果について実験を行いました。

同等の頭皮環境の方々を120人ずつの3グループに分類して、3ヶ月間にわたって1日2回使用してもらい効果を計測しました。

調査ではイクオスと、キャピキシル5%が配合された育毛剤、そしてミノキシジル5%が配合された育毛剤の合計3種類です。

この中で一番効果があったのがイクオスで、3ヶ月に78%が効果を実感したと回答しています。

ちなみにキャピキシル5%が配合された育毛剤では56%が効果を実感、そしてミノキシジル5%が配合された育毛剤は43%が効果を実感したと回答しています。

このように、実際に効果を比較した実験で、一番イクオスが効果があったということで購入する方々も増えているのです。

アルガス2を配合

なぜイクオスは他の育毛剤よりも効果があるのでしょうか?それは配合されている成分に秘密があります。

イクオスにはアルガス2(Algas-2)という成分が含まれています。このアルガス2とは2つの海藻エキスを凝縮配合した成分として知られています。

1つ目の海藻エキスがM-034です。M-034には発毛剤として認められているミノキシジルと同等の発毛促進効果があると言われています。

そして2つ目の海藻エキスがペルベチアカナリクラタナエキスです。フランスのブレア諸島の多年海藻のエキスで、過酷な環境で育つ特性があるため、強い生命力と保水力を持っています。

スサビノリエキスを追加

従来のイクオスは上記の2つのエキスが有効成分となっていますが、改良された新型イクオスにはスサビノリエキスが追加されました。

有明海岸で取れるスサビノリから抽出されたエキスです。このスサビノリエキスには海藻多糖成分のプルフィランが含まれています。

ヒアルロン酸が豊富で毛髪の強度を高める効果があると言われています。

ヘアサイクルを整える

薄毛になるメカニズムとしてはヘアサイクルが乱れることが大きな原因となります。

ヘアサイクルを乱す原因となっているのが脱毛酵素5αリダクターゼです。

脱毛酵素5αリダクターゼは男性ホルモンと結合することでDHTというホルモンに変化をして、このDHTというホルモンがヘアサイクルを乱してしまうのです。

イクオスにはオウゴンエキスやダイズエキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキスを配合することによって脱毛酵素5αリダクターゼをブロックすることができます。

まとめ

このようにイクオスには育毛を促進する効果が期待できる有効成分がたくさん含まれています。

実際に3種類の育毛剤を比較した実験では、効果を実感した割合が一番多かったです。

地肌が目立ち始めているのであれば、手遅れにならないうちにイクオスで育毛ケアを始めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です